商売用(集客、販売用)のホームページ価格には、

さまざまな要素が含まれていますが、

その多くが、

  • デザイン費(とそれに関連する費用) 
  • 集客ための企画費(マーケティングに関すること)

です。

 ※

 デザインとは 

 美しさ(かっこよさ、かわいさなど芸術的な面)と、

 機能性(見やすさや、リンクの良し悪し)の両面で評価されますが、

 このページでいう、「デザイン」は、美しさのことを指しています。

 デザインとは、「美しさで、商品の魅力・ブランディングを高める事」を意味します。

 機能性については、「機能性」と表現します。

 

 ※

 企画力とは 

 商品企画は、商品・サービスの魅力を文章で引き出す事で、

 集客企画は、ホームページへ訪れる人を増やす方策の事です。

 

集客力・販売力の高さについて、

一般的にWEBマーケティングに携わっている人の中で言われていることを図に表しました。

デザインと集客力2 

縦に、デザイン性の有無と、横に、集客企画の有無を配置して、

上に行くほど、デザイン性が優れていること、

右に行くほど、企画力が優れていること、を表しています。

 

当然ですが、デザイン性、企画力ともにどちらも優れている位置に位置する赤丸部分が、

一番、集客力、販売力の高いホームページとなります。

 

単純に、表にすると、

集客力2

となります。

これは、検索エンジンを提供しているGoogleが、

ホームページの良し悪しを、主に、内容(企画)で判断しているからです。

 

デザインの良し悪しは、検索結果には殆ど影響しません。

白一色のホームページも、おしゃれな画像や写真で彩られたホームページもほぼ同じように扱われます。

 

Googleが、まだデザインでホームページの良し悪しを判断できないことが理由の一つですが、

実際に私たちも、ホームページを見て回る時は、

「かっこいいホームページ」や「かわいいホームページ」よりも、

「説明がわかりやすいホームページ」を積極的に選びます。

そちらの方が欲しい情報が得られるからです。

 

これらの理由から、

同じ金額を掛けるのであれば、

企画費にお金を使った方が圧倒的に効果は高くなります

 

どんなにかっこいいサイトも、

見てくれるお客さんが居なければ意味がありませんし、

購入などのお客さんの行動にデザインは殆ど影響を与えないからです。

 

以上のことを踏まえ、

このグラフを見て、あなたなら、どれを選びますか?

企画と、デザイン3

私は、予算が許すのであれば、4を選びます。

オススメする順番は、2、4、3、1です。

 

断っておきますが、デザインも大事です。

最低限の「見やすい」、「わかりやすい」といった視認性は必要ですし、

私も、きれいなデザイン、かっこいいデザイン、かわいいデザインは好きです。

 

但し、予算が限られている場合は、最優先は、集客のための企画です。

どんなキーワード(単語)で検索をされるのか、

商圏や、ライバルの状況、あなたの商品の売り、などから、それらを見つけだして、

ホームページに反映できる企画力が大切だということは、しっかりと意識して

ホームページ制作に臨んでください。

そうやって作られたホームページは、あなたの商売の売り上げに大きく貢献してくれます。